<   2008年 07月 ( 26 )   > この月の画像一覧
ベランダプール
蝉の声を聞き乍ら ベランダプール始動です
e0121710_1205978.jpg
午前中水遊びすると 午後はぐっすりお昼寝です
寝てくれたら あれもしようこれもしようと楽しみにしているのに 私もいっしょに毎日ぐっすり..(涙)
[PR]
by rokuzyo38 | 2008-07-31 12:03
夏ごはん
暑いですね
でも今日は夜中の通り雨のおかげで少し湿度が下がったのか過ごしやすい気もします
寒冷地仕様の私は生きているのが精一杯 夏は何もする気がおきません
そんなとき
カフェ風サラダどんぶりと称してオレンジページに爽やかな画像を見たんです
ご飯にのせた野菜には「◯ュピー  ご飯にドレッシング」なるものがかかっている..
「おいしそう〜」
今日スーパーでたまたまそれを見つけたので買って作ってみましたよ
スモークサーモンにカッテージチーズ そして野菜達
期待で胸がいっぱい 
それって単独ご飯にかけてもイケるし 野菜にもイケるってことでしょ?
どんなお味なんでしょ^^
自然食欲が沸いて来ます
e0121710_1434116.jpg

して感想はというと..
「ドレッシングを替えるとおいしいかもね *^^*ニコッ」

なんだかね おろし焼肉のタレと醤油ベースのドレッシング混ぜた味でした
どろりとしたタレをかけたとたん見栄えも悪くなっちゃうし.. 

無念です(涙)
[PR]
by rokuzyo38 | 2008-07-30 14:51 | クッキング
ルーキーズ 最終回に思う
先週土曜日 ルーキーズの最終回がありましたね
2時間真剣に見て 感動して
私の夏もこれで終わった..的な脱力感でこの二日を過ごしました(笑)
終わってしまったことを振り返ることが苦手なので 最終回の感想だけはやめようと思ったのですが..
なんだかこのままでは自分も先に進めない気がするので 勝手なおばさん的感想を書き記すこととしました

私ももう母の目線ではなくて すっかり高校生になってましたよ
さて..やはり一番気になるのは怪我をしたピッチャー安仁屋クン
肋骨を押さえて 苦しそうに息をする彼
痛過ぎです
もう見てるほうが苦しい..

7回 挽回の大チャンス
スクラムを組んだナイン
お互いのユニフォームの背中を握り合う手の力強さ..思わずこちらも力が入りました

そして「1回だけのフルスイング」をキャプテン御子柴に申し渡された安仁屋
安仁屋の一打に懸け 打線は必死で安仁屋に繋げた..
ここが最高の見せ場 安仁屋を信じていた
初球..いい当たり!!
やっぱり やってくれるんだ と思いきや、、ファール
ベンチと共にくらくらしましたね..
痛みに耐え..もう一度振る..
..空振り(だっけ?)
あ〜〜〜〜〜〜〜〜!!もうダメだ
いや まだ残ってる
最後の一球が..
打ったぁ!!期待どおり!!
しかし喜びは一瞬で砕け散った
ライナーだなんてあんまりよ〜〜〜〜〜(号泣)

どよ〜んとするうちの茶の間(笑)
しかしここで川藤登場ですもんね
メンバーが言ってた通り 川藤の存在はでかい!
彼がいるだけで安心感があるんですよね
一気に盛り上がってくるのでした

今回私の一番の大泣き所は
桧山が若菜に自らバットを渡すシーン
前にも川藤に言い渡されて平塚との交代シーンありましたよね 実はあのときは私泣けなかったんです
気持ちはわかる だけどそれほどかなとちょっとオーバーな気がしたんです
しかし!!なるほど あれはここに続いていたわけですね?
今回は号泣です
「俺かよー」拳を握る..彼の心の葛藤が痛々しかった
芝居も格段にうまくなってる気がしませんでしたか?


最終回の見所は沢山ある中で 1番の立役者 御子柴クン
9回表 ツーアウト満塁で打席に立った時..の緊張 
塁に立つ仲間の目 応援席の目
ど真ん中のストライクを見逃し..キャッチャーがワンバンで受けるほどのボールに手が出る
怖かったでしょうね
伝わりましたよ充分すぎるほど
ここで流れる「すべてはおまえからはじまった」川藤先生の回想シーンもドンピシャです
しかし意を決してバットを構えるときは凛々しく堂に入ってました
重圧の中 期待どおりのさよならホームラン
球拾い大臣の仇名もサヨナラだぁ!!
ベンチの喜びようと対照的に呆然と歩いて回る姿 
やや引っ張り過ぎの感は否めないけれど ピシピシきました

そして9回裏をさらりと無得点に抑え
「俺たち このときが最高だった」という歓喜のシーン
もうぐちゃぐちゃになって喜び合い涙するニコガクナイン
ずっと思ってたんですよ
御子柴クン 思考は子どもっぽいのにどうもオッサンくさいなぁって
しかし 最終回 勝って無邪気に笑う顔 メンバーに抱きつかれて写る後ろ斜め45度の髪の毛の生え際は誰より一番高校生でした

そこから流れる月日は美しい映像と御子柴のナレーション

審査会で もはや1年間の出場停止と思いきや 多くの理事がそれに反対
採決で古谷一行までも手を挙げていましたね(笑)

まだ野球ができる!
多摩川に飛び込んで水をかけ合う姿は キラッキラ☆でした

話はそれますが..古谷一行以外にも今回は脇の方々に いろいろ感動をいただきました
なんといっても 
球場に入れない川藤に不良が絡んできたとき..
すかさず横から強烈な蹴りを入れて登場した上坂 
もうボロボロのナインと何もできない川藤..にクタクタの視聴者(笑)
そこへ一縷の光明を与えてくれた
あとで 仰向けに倒れる不良の前に立ち 川藤のラジオを聞いていたシーンは笑えました

そして校長
先生たちが「球場へ応援に行きたい」と申し出た時の言葉
「許可できない」しかし..「早く今応援に行っている生徒達を連れ戻しなさい」と言い放ってくれた

出来ないといいつつ 安仁屋に痛み止めを打ってくれた救護室の医師..
(川藤を褒める言葉がややクサいけどっ(笑)
あんなにセリフなくても 医師のきもちや川藤の良さは伝わるよね?
もう少し 視聴者を信用してほしいとは 思いますが 笑)

渡辺篤郎演じる記者..
競馬のアナ馬とだぶらせてニコガクを見る目が人間味あふれていました
(しかし 彼は存在感大きいので できれば前回 川藤が過去の事件で叩かれた時 記事を通して何か助けてくれるのかと思っていた私はこの程度の登場にやや不満
まぁ それでは話の筋がかわってしまうというものですよね^^;)

目黒川のピッチャー江夏
苦しむバッターボックスの安仁屋におくる目がこころなしか優しさがあった

大泣きの真弓先生

保健室の先生(名前わすれた)に抱きつかれたことも手伝って 勝ったことを喜ぶ天野演じるところの掛布

前回 頑張っても頑張っても 自分たちを見る目が変わらない苛立ちが描かれていて一緒に苦しい思いをしたけれど ここにきて周りがやっと認めてくれだした
一度貼られたレッテルを剥がすって とても大変なことですね
おばさん(ワタシ)も これまでの人生でそれを身を以て感じています(笑)
接着剤は強力で..なかなか痛い
跡も残る
しかし 剥がせないことはないし跡は薄れゆく(ここは今めげている若者に捧ぐ 笑)

さて話をもどします
御子柴のナレーションとともに流れ行く季節
川藤のいない野球部は寂しさが漂っていましたが チームワークは健在
ちゃんと練習も積み..
冬..皆でじゃらけながら 校門をくぐるシーンでの それぞれ似合いのマフラー姿は可愛かったですね(何故か暑そうと思ったのは私だけ?笑)

そして桜が咲いて..春..
謹慎2ヶ月でいいのに一旦止めて採用試験を受け直してきた川藤の登場です!
駆け寄る生徒たち..
「来る気がしてた..」岡田クン きゃぁ〜〜♡
照れて川藤をからかう皆の中で一番素直な言葉

そして とうこちゃん..
こういう同級生いましたねー
特別美人じゃないんだけど 性格のせいでどんどんかわいくみえてくる子
メンバーの最後に「おかえり せんせっ」って言った顔 最高にかわいかった


おまえ達の夢はまだおわっていない!
今年こそ甲子園へ行くぞ!!

これで終わり..爽やかな最後をありがとう
よし!原作コミック全巻読むぞ!!
と漫画嫌いの私は思ったけれど なんと秋に2時間スペシャルがあるそう
読むのはそのあとにしよっかな^^

いいドラマでしたね
他にも感動満載でしたが書ききれません
(新庄クン 前髪下ろした今回 男気もあってかっこよかったよ)
(今岡クン がアンダースローで抑えるところもう少しみたかったな)

原作も知らない野球も知らない..私の戯言でした^^
[PR]
by rokuzyo38 | 2008-07-28 12:19
里のとうもろこし
里から今年もとうもろこしが どっさり届いた
e0121710_154768.jpg

昼時 礼の電話をすると父の声!
一瞬ひるむも 溌剌とした声に ほっとする

「とどいたよ! とうもろこし!」

末っ子という役割をになっている私は 直ぐさま無邪気をよそおうが 口をついた言葉に慌てて..言い直す

「とうきび..ありがと」  変わって行く自分を見せたくはない...

「なんだ?どっから届いたって?..」と父
荷作ったのも送り状を書いたのも 送ったのも父だ
すぐに母に受話器を渡す事なく父流のおトボケがでたから..今日は機嫌がいい

父の匂いを思い出す
働く父のシャツは トマトの茎の匂いに似ている
[PR]
by rokuzyo38 | 2008-07-25 15:40
金剛苑 〜7月22日〜
来来亭の九条葱ラーメンです
e0121710_23365064.jpg
ほとんど葱盛りって感じですが..しらが葱とはまた違った美味しさです
帰省すると必ずここへ寄ってこれをいただきます

さて東京に戻る日でしたが 最後に金剛苑に寄りました
ここはもともと小学校の校舎だったらしいです
その古い木の階段を「登りたい」とshoたろうは駄々をこねました
e0121710_23335994.jpg
こちらは「近江上布」という手織り麻の高級反物で有名です
いろいろ工場から持って来てもらったのですが 機械織の麻と近江上布の違いは歴然です

とても手のでないお値段なので..他の縮みの麻を眺めていたのですが..カードも使えないということで それも買う事ができず..

しかしながら 主人が「あなたがいらないなら 僕のものが欲しい」などと言い出し..

結局 縮みのない麻のが B反であったので ふたりで財布をひっくり返して..色違いの同柄を二反 買ったのでした

仕立ては「私がやってみる」..などとそこで宣言してしまいました..
来年の夏は お揃いの着物が着られる事を 祈ってください

こころおきなく楽しんだ所で 新幹線に乗りました
e0121710_23342160.jpg
車内は空いていて shoたろうはあっちの席 こっちの席といったりきたりしながらのごっこ遊びに夢中でした

東京駅についたのが遅かったので 待ち合わせ場所でいただいたご飯
e0121710_23413185.jpg

ちなみにshoたろうは まい泉のカツサンドにコロッケをいただきました
いきなり 東京..ってかんじで妙な心地でした..
[PR]
by rokuzyo38 | 2008-07-24 00:04 |
池田牧場 〜同21日〜
川遊びの帰り..池田牧場のジェラートやさんに寄りました
少し奥まったところにあるのですが 沢山のお客さんが来ていました
e0121710_2321228.jpg
ブルーベリーやお花もきれい..
e0121710_23232332.jpg
ジェラートはいろんな種類があったのですが 私はラムレーズンをいただきました
超おいし〜〜〜!!
e0121710_2324184.jpg
ログハウス風のジェラート屋さんの隣の お食事のお店は茅葺き屋根..
e0121710_23242186.jpg
看板には「田舎の親戚」と書いてありました^^
[PR]
by rokuzyo38 | 2008-07-23 23:30 |
川遊び 〜7月21日〜
21日は京都のお姉さまもいらしゃいました..
主人のお姉様ふたりと共に川遊びにでかけました

永源寺のある愛知川(えちがわ)上流には結構沢山の人が泳ぎにきたり テントを張ってキャンプをしていたりします
e0121710_22442143.jpg
これが赤松なのでしょうか...
e0121710_22453747.jpg
川の水はとても澄んでいて 体全部入るには冷た過ぎです^^
e0121710_22461974.jpg
赤とんぼ..
こんなに羽まで赤いトンボは初めて見ました
e0121710_22465577.jpg
小さなドジョウや 蛇もいたとか..
e0121710_22483166.jpg
いろんな意味で涼めました...(笑)

それにしても...
[PR]
by rokuzyo38 | 2008-07-23 23:10 | 自然
長浜 〜7月20日〜
長浜城を車内から横目でちらと眺め..商店街へ行きました
e0121710_20254449.jpg
もともとは豊臣秀吉の城下町だった場所で
黒壁と呼ばれる(銀行だった建物をなおした)硝子館を中心に 観光客向けのお店が軒を並べています 
(倉敷をモデルにしているとか..)
e0121710_20231566.jpg
お昼に入った卓袱うどんのお店

芸能人の色紙や写真がいっぱい..
板張りの床がくつろげました
お給仕の方も年配の女性ばかりで 物腰やわらかく さりげなく気がきいていていました
主人が頼んだ膳には 鱒の洗い 川海老と豆の煮物 鮎の甘露煮 などでした
こちらのしっぽくうどんはとろみがついていて 湯葉や麩 そして巨大な椎茸が入っていました

旅先の食事で一番嬉しいのは その土地のものがいただけた時と思っているので たとえお味が格別でなくとも こちらのようなお店は 私には◯でした^^
e0121710_20374548.jpg
とにかく暑くて 少し行くとすぐ お店に入りたくなります
かき氷は2度も食べていました
お饅頭は人形焼きのようなもの..これはブルーベリーのジャム入り
焼きたてでふんわりしてて美味しかったんですが名前は忘れました

硝子文化を取り入れた長浜..
硝子はとても素敵だったんですが 例のごとく 冷静な主人に「そんなの東京でも買えるでしょ」と一々却下され 何も買えませんでしたとさ..(涙)
e0121710_2042321.jpg
それから琵琶湖が見える通りを車で走って向かったのは彦根の焼肉屋さん..

主人の同級生のお店です
お店は焼肉屋さん特有の油っぽさもなくて きれいにされてて気持ちがよかったです
近江牛..のお肉やタン
おいしかったぁ〜〜
e0121710_1984726.jpg
主人の同級生に会うと まだまだ どこかあどけないほどの青年ぽさを感じて..
あ〜主人も まだ若いんだった..と改めて思うんですよね
もっと やさしくしてあげなきゃ..なんてふうにね(笑)
[PR]
by rokuzyo38 | 2008-07-23 21:41 |
信楽へ 〜7月19日〜
おとうさんの車をお借りして信楽に行きました
今まで寄った事の無かったお店にも寄れて目の保養になりました
e0121710_14522719.jpg
ランチしたお店のテーブルに置かれた小さな花瓶

こんなふうに挿すとエノコログサまでオシャレにみえますね
e0121710_1452097.jpg
近江牛の牛丼の器はお店にもならんでいたもので モダンさに惹かれ このシリーズのカップ&ソーサーを買おうかと思ったのですが..「そういったものなら信楽でなくても」と主人に釘を刺され 止めました

信楽はそもそもは 植木鉢や梅干しの瓶(かめ)であったり茶壺であったり だったそうです

遠くに見える山肌の土の赤さ..
とうとうと流れる川が濁っているのもこの土の色だと言われました

なわけで結局大物一点 土鍋ひとつだけ買い求めました
暑苦しいのでまた お鍋の時期になりましたら 載せますね(笑)


信楽までの道のりに 見上げる形で真新しい第二名神高速道路がそびえています
曲線を描いた橋桁..自然の中に不釣り合いなほどの壮大なスケールに 畏れのようなものを感じてしまいます
 
e0121710_14531346.jpg
それから お決まりのコースですが 「たねや」はクラブハリエでお土産にケーキを買って実家に戻りました

おかあさんが用意してくださった夕飯の中の一品に こんなお刺身がありました
e0121710_14533773.jpg
なんだと思います?
私は一切れだけ 口にいれましたが じっくり味わう事もせず呑み込んでしまいました(笑)
[PR]
by rokuzyo38 | 2008-07-23 15:41 |
帰省 〜7月18日〜
昨夜東京に戻りました
暑さを避けて7月の帰省としたのですが..なかなかの暑さでした(辛)
皆様のところは如何でしたか^^
e0121710_2341897.jpg
行きは新宿から高速バスに乗りました
ガソリン等の高騰のせいか 今年は繁忙期は往復割引もなくなったので片道だけのバス利用としました
e0121710_23413743.jpg
到着まで7時間程度
時間的には長いですが 私にとっては 在来線から新幹線への乗り換えやホームでの待ち等も結構辛いものがあるので 乗ってしまえばじっとしていられるバスは魅力だったりします
途中パーキングエリアで3回の短い休憩があります
山梨では「桃」を買い 長野の駒ヶ岳では「蕎麦」を..実家へのお土産に買い込みました

山梨の桃はこれまで食べた桃の中で一番と言っていい程甘くて美味しかったです
駒ヶ岳で匂いに誘われバスに持ち込んだ五平餅も最高〜!
駒ヶ岳は空気も澄んで感じられ 施設もきれいで充実していて しばしそこで遊んでいたいくらいでした
岐阜の養老も同様です
「養老」で思うのは 日本昔話にあった「養老の滝」
あの伝説はこちらのことなのでしょうか?
本当に若返るのなら是非行ってみたい^^

そんな 他県の香りをほんの少し感じ乍らのバス道中は 新幹線でビューン..とはまた違った気分を味わえます


そうこうしているうちに滋賀に到着
バスを降りると家族全員に出迎えられ 皆揃っての外ご飯(中華のお店)となりました

それにしても出がけに shoたろうがポケモンやゴーオンジャーのカードなどをリュックに詰め込んでいたので バスで退屈しないよう「ゴーオンジャーの人形も持ったら?」と声をかけたら
いや..それなら 他のものにする..と部屋へ何やら探しにいったと思ったら
連れて来たのが..
e0121710_2342481.jpg
リカちゃんだった^^;
リカちゃんの帽子が脱げないよう 常に気を使い乍ら..歩く息子でした..(笑)
[PR]
by rokuzyo38 | 2008-07-23 14:11 |
  

shoたろうも1年生
by rokuzyo38
プロフィールを見る
画像一覧
Live Moon
ライフログ
検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧